気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奥田瑛二“支配人” 「下関スカラ座」オープン
映画で、ドラマで見たスタイリッシュなオフィスツール【20%OFF】スピーディに、正確に名刺ファ...
 俳優で映画監督の奥田瑛二(57)が支配人を務める山口・下関の映画館「下関スカラ座 シアターゼロ」が10日、オープンした。同館は東宝系の劇場で、10月末に閉館したことから、「風の外側」(東京ほか、12月公開)で下関ロケを行った奥田が経営に乗り出すことになった。この日は同映画の全国先行公開の初日。奥田は「今後は上映機会が恵まれない若手や名画をかけていきたい」などと話し、同館を軸にした映画祭構想も披露した。 10時15分、開館。奥田、妻でエッセイストの安藤和津(59)、主演を務めたモデル出身の新人俳優、佐々木崇雄(27)が約180人の観客を満面の笑みと握手で迎えた。 「お客さんから『下関に映画を残してくれてありがとう』と言われた時にも胸にぐっときた。5度、涙が出そうになって、こらえた」奥田は目に光るものを浮かべた。 昨秋、下関で二女の安藤サクラ(21)を主演にオペラ歌手を目指す高校生のヒロインと在日朝鮮人のラブストーリー「風の外側」を撮影。8月、2つのスクリーンを持つ下関スカラ座が10月末に閉館すると聞き、自ら映画館を経営したいと名乗り出た。 この日はその「風の外側」でこけら落とし。舞台あいさつが行われた初回、2回は補助席が出る盛況ぶり。同劇場が満席になったのは地元出身の佐々部清監督が下関を舞台に撮った「チルソクの夏」(03年)以来という。 奥田は「映画館は町の顔のひとつ。灯を消してはいけない...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/914-0215ad3f



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。