気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【カオス通信】"初音ミク"騒動と"バーチャルアイドル"の履歴書
2008年01月20日発売スーキャット DVD-BOX 1
最近、伊達杏子(DK-96)から始まった「バーチャルアイドル」というコンセプトに注目が集まっています。今回は『アイドルマスター』の登場で関心が高まり、『初音ミク』で話題となったバーチャルアイドルの魅力を、過去の有名キャラクターの履歴から探っていきたいと思います。

■伊達杏子(DK-96)(DK-97)(DK-2001)
デビュー:1996年(DK-96)
設定年齢:17歳(DK-96)

CGで作られた世界初のバーチャルアイドルとして、ホリプロからデビューしたのが伊達杏子(DK-96)でした。名前の"DK"は"Digital Kids"の略称です("伊達杏子"のイニシャルではありません)。モデリングを担当したのは、CGアーティストのKonKon氏。ショートカット&タンクトップというルックスは、当時の技術では長い髪やロングスカートなどの表現が困難だったことが影響しています。声の主はオーディションで起用されました(詳細は不明)。

伊達杏子(DK-96)は海外進出も考えられていたので、英語が話せるという設定を持っていました。そのため、出身地も米軍横田基地のある東京都福生市となってます。話し方は「伊達杏子トークマニュアル・ルール」なる文書で、基本形が示されました。これには「チョベリバ(超ベリーバッド)」禁止や、困った時の決め台詞は「どうせ私はCGだから」という決まりごとが書かれていました。マニュアル制作には「SEVENTEEN」や「Cawaii」の投稿欄などが参考資料になっていたようです...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)




◆芸能界関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆芸能界関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/850-1cc3f6b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。