気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


劇団四季・野村玲子 「鹿鳴館」 伯爵夫人に円熟味
PC版には「オンラインモード」「チームマネージメント」両方を収録!2006 FIFAワールドカップ ド...
 劇団四季は三島由紀夫原作「鹿鳴館」を再演している。明治を舞台に、政治的陰謀に翻弄(ほんろう)される人間たちの愛憎群像劇。看板女優の野村玲子が伯爵夫人・朝子を好演している。

 「三島さんはやはり天才。どうやってこの美しい言葉をつむぎだしてきたのか。ひとつセリフを忘れたり、何かアクシデントがあったりしても、似ている言葉や代わるものが何もない。緊張しますし、とても怖いです」と野村。

 昨年1月に初演。四季にとっては初めての三島作品で、約半年間の上演後、名古屋、京都を巡演し、東京公演は今回で3度目となる。

 三島は「鹿鳴館」について「セリフの緊張がゆるめば通俗的なメロドラマしか残らない」という言葉を残しており、役者は卓抜した朗誦術を要求される。

 「作家の言葉を100%伝えるのが役者の仕事。役を作っていく過程で、演出家からは『文体が完璧なので、その通りにすると役が立ち上がる』と言われましたが、発音、ニュアンスを含め、自然に言葉が出るまで体の中にとり入れる作業が大変でした」

 再演のよさは「日常の生活の中で見たり聞いたりしたものが、少しずつ蓄積され、あってなお気づかなかった言葉のニュアンス、心の思いが再発見できる」。その一方で、「回を重ねると、意識しなくても出るようになった言葉がメロディーのようになってしまうことがある。これが危険。手綱を引きながら、ずっと緊張感を失わずにやっています」...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
NANAから男性の恋愛心理を勝手に考えてみました(笑)

本著は、
「NANA2」公開に先立って、
私HIDEがマンガ版「NANA」を読み、思った


・男性の恋愛感
・ついつい惹かれてしまう、女性のこんなトコ。
・そこそこ!それに気づいて欲しいんだよね~!って、
同じ男性とし…

『ホラー映画「リング」で学ぶ、ビジネス恐怖の心理学 基礎編』

ホラー映画では、出会いの設定が重要なカギですが、そこには心理学でいうスレッド効果、ユニーク効果、アローザル効果などが緻密に盛り込まれており、実はビジネス系の心理学と同じことを学べるのです。

 つまり、ホラー映画を分析することは、そのま…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/842-97f36c24



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。