気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小栗旬、舞台あいさつで“アニィ”の男泣きに温かい拍手!
【中古DVD】BIONICLE -マスク・オブ・ライト- ザ・ムービー/その他アニメ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071029-00000029-flix-movi
 27日、六本木ヒルズTOHOシネマズにて、『クローズ ZERO』の初日舞台あいさつが行なわれ、主演の小栗旬をはじめ、山田孝之、やべきょうすけ、高岡蒼甫、原作者の高橋ヒロシ、そして監督の三池崇史らが登壇した。

 撮影中、傷だらけになりながらも、果敢にケンカのシーンに挑戦したキャストたちは、ようやく迎えた初日に感無量といった表情だった。中でも、4年前から本作の映画化のために奔走(ほんそう)していたキャストのやべが「どうしてもこの素晴らしいストーリーを実写化したかった。それが実現して、今すでに涙腺が緩んでます。勘弁してください」と声を詰まらせると、小栗、山田、高岡は本作の立て役者であり、若いキャスト陣のまとめ役でもあった“アニィ”やべを温かい表情で見守りながら、拍手を送った。

 不良ばかりの鈴蘭高校の一匹狼を演じた高岡は、「はじめは旬と孝之が主演って聞いて、正直、自分の理想の“クローズ”じゃないなって思いました。でも、最初のシーンを撮り終えたときに、この映画は、この2人の映画になるだろうと確信しました」と語り、山田は「こんなこと、あんまり言っちゃいけないかもしれないけど、今までで、本当に一番楽しい撮影現場でした!」とコメントした。

 そんな温かい仲間たちに囲まれた小栗は、終始うれしそうな笑顔で、「さっき劇場の外にあるポスターを観たら、“大ヒット上映中”って書いてあったんです。これで大ヒットしなかったら、ウソを言ったことになってしまうので、皆さん、よろしくお願いします!」と元気にあいさつした...

ニュースの続きを読む




◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
速報!12月20日発表Google2006検索ワードランキング

★けいいち式★速報!2006年度Google検索ワードランキング

2006年12月20日に発表されたGoogle検索ワード
ランキングの結果をどこよりも早く公開します。

2007年度の展望という観点からも
見逃せないHOTキ…

いま観ることができない!「珠玉の10本」誌上ロードショー(1~5)

儲ける!稼ぐ!でお忙しいみなさん! たまには手を休めて儲けるとか稼ぐとかを忘れて夢の世界を散策しましょう。なにはなくとも映画です。この中の1本も見ていらっしゃらないようですと、儲けて稼いで、使う暇無く終わってしまいますよ! ビジネスを離れる…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/791-484d1201



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。