気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大河「風林火山」舞台化で亀治郎2役
エイベックス・エンタテインメント 浜崎あゆみ/Endless sorrow
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000046-spn-ent
 NHKで放送中の大河ドラマ「風林火山」が、来年4月に舞台化される。題名は「風林火山 晴信燃ゆ」。大河は俳優の内野聖陽(39)演じる山本勘助が軸だが、舞台の主役は武田晴信。大河と同じ歌舞伎俳優の市川亀治郎(31)が演じる。亀治郎はスポニチ本紙の取材に「晴信に光を当てると、勘助が陰になる。それなら僕がと」と、勘助と1人2役を務めることを明かした。

 武田家武将の板垣信方との“親子愛にも似た師弟関係”を中心に、川中島の戦いに出陣するまでを描く。板垣役も大河同様、俳優の千葉真一(68)に決定。千葉の出演を熱望した亀治郎は「これで50%は成功した」と大喜び。「大河出演で得た最高の宝物」という千葉との交流はプライベートでも続いており「ドラマと同じで“若”と呼ばれています。引退報道もありましたが“若に頼まれたら出るよ”と言われました」と話した。

 大河では、晴信と板垣のエピソードが特に人気があり、板垣が死ぬ第28回(7月15日)放送後、NHKには多くの反響が寄せられた。「テレビでは割愛された晴信を思いやる板垣の苦悩、2人の関係をじっくり描きたい」と亀治郎。舞台出演は22年ぶりとなる千葉も「息子のためなら命を投げ出すという日本の親父像を描き出したい」と張り切っている。

 亀治郎は演出にも参加。最後に宙乗りを披露することと「千葉さんには(歌舞伎の)見えを切ってもらいたい」と構想をめぐらせている...

ニュースの続きを読む




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/782-4b858b80



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。