気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“怪物”中田 投げ勝って甲子園だ
蜘蛛巣城<普及版>【TDV-17333D】=>10%OFF!蜘蛛巣城<普及版>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000013-dal-base
 全国高校野球・地方大会の大阪大会準決勝が29日、舞洲球場で行われ、大阪桐蔭がセンバツ出場の北陽に圧勝。高校通算87本塁打の中田翔投手(3年)は「4番・投手」で出場し4打数1安打も、六回までを5安打1失点の力投で勝利に貢献した。また金光大阪は先発した植松優友投手(3年)が、1安打完封で浪速に完勝。くしくも昨年と同カードとなる2校が、聖地への切符をかけて決勝で激突する。
 野球は筋書きのあるドラマなのかもしれない。7日の開会式で「やられたままで終われない」と雪辱を望んでいた天敵との対戦が決まった。運命の糸で引き寄せられた中田と植松。「チームは勝ってるけど、僕はやられっぱなし。最後は自分にも勝って、甲子園に行きたい」。過去2度の対決は8打数無安打4三振。中田にしてみれば、屈辱以外の何物でもない。
 この日も4打数1安打に終わり、今大会25打数9安打。主役に一発は出ず、これで7戦連続ノーアーチとなった。「ホームランを狙う方が間違っている。とにかく前に打ちたい」。素振り、ティー打撃、緩いボールをシンでとらえる練習など、試行錯誤を続けてきた。決して本調子ではない。だが桐蔭の4番は中田。植松を打ち崩すためには、怪物のバットが必要だ。
 5点リードの七回。二死走者なしから、左腕・杉田の真ん中高めの速球を中前に運んだ。強烈な打球に「あの1本は次につながる打席だった。思いっきり振れるようになってきた」とかすかな手応えをつかみつつある...

ニュースの続きを読む




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/576-2b335869



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。