気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中田7戦連続不発も9K好投/大阪大会
蜘蛛巣城<普及版>【TDV-17333D】=>10%OFF!蜘蛛巣城<普及版>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070730-00000048-nks-base
<高校野球大阪大会>◇29日◇準決勝
 大阪桐蔭・中田に、ドラマチックな舞台が用意された。あと1勝に迫った夏3連覇。最大のライバルが最後の関門となって立ちはだかる。金光大阪のエース植松だ。通算8打数無安打に抑えられている因縁の相手と、再び決勝戦で雌雄を決する。「個人的にはやられっ放し。高校ではもう戦うこともない。最後は相手にも自分にも勝って、いい形で終わりたい」。
 決戦を前に完全に吹っ切れた。北陽との準決勝では中前打の1本だけで、7戦連続で本塁打が出なかった。その一方で、先発マウンドでは6回を9奪三振で1失点。初回にいきなり3連打を浴び、連続無失点が19回2/3で途切れたが、スライダー主体の投球で立ち直った。ここで怪物スラッガーの意識は完全に切り替わった。「今の状態でホームランを狙うのは間違っている。自分の立場では、(植松を)打つことよりもまず投げ勝ちたい」。打席よりもマウンドに集中し、アーチは封印。エースの役割を果たすことが優勝への近道と考えている。
 気温30度を超える酷暑の中での登板が続くが、中田の体調が絶好調だ。この日の試合後は陽気だった。「僕、やせたと思いませんか? 投げるたびに体重が落ちる」。食欲は落ちていないが、大会前に100キロあった体重が92キロになった。重めの仕上がりを不安視されていたが、勝ち進むたびに体にキレが出てきた。この日の直球は最速145キロと中田にしては普通だが、スライダーの鋭さは抜群だ...

ニュースの続きを読む




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/575-be62b808



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。