気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【インタビュー】松山ケンイチ 生真面目なカメレオン
ピンキーストリート Pキャラ エヴァンゲリオンPinky 惣流・アスカ・ラングレー Ver.2 (GSIクレ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070714-00000112-san-ent
 映画「神童」ではピアノが大好きだが才能に恵まれない音大生、「男たちの大和/YAMATO」の年少兵・神尾、「DEATH NOTE」のL…。各作品でまったく違う人格を演じ、「カメレオン俳優」と呼ばれている。

 「撮影中に『うわ、ずいぶんキツイ目をしてるな』なんて思うときがあります。役の作り方は、脚本を読み込むとか、似た雰囲気の映画を見てみるとか、毎回作品によって違う。『前の役とかぶってるね』と言われるのだけはいや。いろんな役を演じて常に変化していたい」

 現在公開中の「ドルフィンブルーフジ、もういちど宙(そら)へ」では尾びれに障害を持つイルカを世話する獣医・一也役を演じている。

 物語は、難病のため、尾びれの大半を切除したイルカの「フジ」が、人工尾びれを装着して再び泳げるようになったという実話に基づいている。沖縄の美(ちゅ)ら海水族館のフジを実際に出演させて撮影された。

 「イルカの手触りは、まるでゴム。すごくやさしい目をしていて、一緒にいるだけで癒やされるんだけれど、イルカが本当は何を考えているかなんて分からない。お互いの距離をどう縮めればいいのか不安だった」

 最初は尾びれを見ないとフジを他のイルカと識別できなかったが、撮影が進むうち、すぐに見分けられるようになった。

 「撮影中にストレスでイライラすると、フジがそばにいてくれるんですよ。すると、つい笑顔になっちゃう。ぼくはフジを結構頼ってるな、と気づいたらフジにどんどん近づけるようになった」

 危ういほどにまっすぐな青年・一也が、人工尾びれを開発するプロジェクトを通じて、フジや仲間たちに心を開き、成長していく様を、ていねいに演じた...

ニュースの続きを読む




◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/476-8a9be11b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。