気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昭和30年の感動物語『三丁目の夕日』続編、堀北真希ら会見
ポンヌフの恋人(DVD) ◆20%OFF!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070705-00000006-pia-ent
32億円を超える大ヒットのみならず、2006年度の日本アカデミー賞を総ナメにした『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』が撮影を終了したことを受け、7月4日(水)に日本橋のプラネタリウム跡地にて製作会見が行われた。

会場となったプラネタリウム跡地では、プラネタリウムの半球状の天井を利用して、昭和30年代の空をイメージした演出がなされ、集まったマスコミ陣を魅了。この演出には、全員が続投となる主要キャストからも絶賛の声があがった。作家志望の青年・茶川を演じた吉岡秀隆は、「“美しい国・日本”の姿が本作の中にあると信じている」とコメントし、前作を上回るあたたかな感動作であることをアピールした。出演者全員が口を揃えて「またあのセットの中に戻れるとは思っていなかった」と語るあたり、大成功した前作のプレッシャーを持ちながらも、新作への期待感を持っていることをうかがわせた。

東京オリンピックの開催に沸く昭和34年。ヒロミ(小雪)を思い続け、淳之介(須賀健太)と暮らす茶川は、再び芥川賞を目指して執筆を開始。一方、鈴木則文(堤真一)家には、親戚のひとり娘というお嬢様育ちの美加がやって来て…、というのが本作のあらすじ。

集団就職で東京にやってきた少女・六子を演じる堀北真希は、「いまは何でもある時代だけど、それを当たり前だと思ってはいけない。この時代の人々が今を支えていることを知ってほしい」と語る。モノの豊かさの裏で浮き彫りになる心の貧しさ、前作を見たおよそ300万人が感じたであろうその想いが、今作では各登場人物のドラマを深く描くことで、よりダイレクトに伝わってくることになりそうだ...

ニュースの続きを読む




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
海外ドラマ「フレンズ」で覚える、あんな英語こんな英語

「チャラね。」「私が掃除する番。」
こんな超頻出会話表現を英語でどう言うか知っていますか?
この無料レポートでは、アメリカの人気ドラマ「フレンズ」
をお手本に、よく出る使える英会話表現を覚えていきます。

問題形式になっていますの…

なるほど!英語表現80連発~映画・海外ドラマの英会話~/全130ページ

2004年12月~2006年7月の間に、メールマガジン
「趣味から始める英会話~週2回のハリウッド留学」
に登場した”なるほど!英語表現”を完全網羅。
130ページの無料レポートに仕立て上げました♪

[内容の一部]


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/427-1c07e3d9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。