気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


官能のヒロイン小島可奈子が抱かれる…
 それいけ!ズッコケ三人組(7)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070629-00000018-spn-ent
 「失楽園」「愛の流刑地」などで知られる作家・渡辺淳一氏(73)の短編小説「泪壺(なみだつぼ)」が映画化されることになり、女優の小島可奈子(31)がヒロイン役に抜てきされた。いしだ壱成(32)との絡みもあり、体当たりの“艶技”も注目される。渡辺文学への出演に小島は「夢がかなった」と感無量の様子。瀬々敬久監督のメガホンで、来年初めにも公開される。

 仕事の方向性を見いだせずに1年半ほどの休養を経て、昨年11月発売のヌード写真集「Moon&Sun」で芸能界復帰した小島。06年発売の写真集として最高となる3万部突破の余勢をかって、今度は渡辺氏の官能の世界に身を投じる。最近では“鈍感力”でブームを起こしている渡辺氏だが、「泪壺」は性描写もある愛の物語。小島が“敏感力”を研ぎ澄ませる。

 妻の愁子を乳がんで亡くした雑誌編集者の新津雄介が土に遺骨をまぶして壺を作成。その後、ピアノ教師の朋代と交際を始めるが、亡き妻の分身とも言える壺の存在ゆえか、悲しい結末を迎える。これが原作のストーリーだが、映画では愁子と朋代が姉妹という設定。小島扮する姉の朋代が、壺の前で罪悪感を抱きながら新津に抱かれる場面も見どころだ。新津役を川合千春(34)との交際が発覚したいしだが演じ、妹役は佐藤藍子(29)が扮する。

 小島はこれまで北野武監督の「菊次郎の夏」や伊藤秀祐監督の「ピカレスク」などに出演してきたが、主演は初めて...

ニュースの続きを読む




◆芸能界関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆芸能界関連の無料のレポート情報
「あいうえお」からの韓国語

お隣の国、韓国。
韓国ドラマ、韓国旅行、韓国料理。 韓国の文化を多くの方が楽しんでいらっしゃいます。 実は、韓国語のハングルといわれる文字は簡単にマスターすることが 出来るのです。 一定の規則に従った、文字であり、ローマ字に近く、大変覚…

海外ドラマ「フレンズ」で覚える、あんな英語こんな英語

「チャラね。」「私が掃除する番。」
こんな超頻出会話表現を英語でどう言うか知っていますか?
この無料レポートでは、アメリカの人気ドラマ「フレンズ」
をお手本に、よく出る使える英会話表現を覚えていきます。

問題形式になっていますの…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/407-eec61ee2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。