気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


坂本龍馬:妻おりょうの謎多い生涯を舞台化 ゆかりの横須賀で11月初演 /神奈川
セクシーふりふりパーティードレス(白)【連続SA0521】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070616-00000137-mailo-l14
 ◇川上麻衣子さんが一人芝居
 幕末の風雲児、坂本龍馬の妻おりょうを女優の川上麻衣子さん(41)が演じる一人芝居が、おりょうが後半生を過ごした横須賀で11月に初演される。龍馬と死別後は謎が多いため俗説が語られ、不幸な女性というイメージが強いが、制作者は「龍馬との思い出を胸に、強く幸せに生きた姿を表現したい」と意気込んでいる。
 「市史研究横須賀」によると、おりょうは龍馬が暗殺された後、高知や京都、東京を流浪。東京で再会した旧知の商人、西村松兵衛と1875(明治8)年に再婚して横須賀へ。31年後、66歳で死去した。
 芝居のタイトルは「横須賀夢幻翔(むげんしょう)」。横須賀の海岸で海を眺めながら、龍馬への思いをつぶやくところから始まる。「寺田屋」での襲撃事件や薩摩への旅行など、龍馬と過ごした回想シーンを挟み、その後の足跡をフィクションを交えて再現する。
 明治初期におりょうは、現在も続く横浜市神奈川区の料亭「田中屋」の仲居だったという言い伝えがあり、愛した中国楽器・月琴を客に演奏したという想定のもと、川上さんが舞台で弾き語りを披露する場面も。
 龍馬の妻として3年余り、松兵衛とは30年余りだが、信楽(しんぎょう)寺(横須賀市大津町)の墓には「龍馬の妻龍子之墓」と刻まれている。住職の新原千春さん(46)は「龍馬とのよい思い出が語り継がれることが供養になる」。芝居を企画した藤沢市の山口千鶴子さん(59)は「横須賀は咸臨丸出港(1860年)の地...

ニュースの続きを読む




◆女優関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆女優関連の無料のレポート情報
なるほど!英語表現80連発~映画・海外ドラマの英会話~/全130ページ

2004年12月~2006年7月の間に、メールマガジン
「趣味から始める英会話~週2回のハリウッド留学」
に登場した”なるほど!英語表現”を完全網羅。
130ページの無料レポートに仕立て上げました♪

[内容の一部]


「あいうえお」からの韓国語

お隣の国、韓国。
韓国ドラマ、韓国旅行、韓国料理。 韓国の文化を多くの方が楽しんでいらっしゃいます。 実は、韓国語のハングルといわれる文字は簡単にマスターすることが 出来るのです。 一定の規則に従った、文字であり、ローマ字に近く、大変覚…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/321-d8e01d89



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。