気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


藤田まことが不退転の決意で臨む「明日への遺言」製作発表会見
東てる美のモトミス化粧品シルキーエマルジョン
 「戦場のメリー・クリスマス」(83/大島渚監督)、「乱」(85/黒澤明監督)などで製作の指揮を執った原正人プロデューサーと、黒澤監督の弟子で「雨あがる」「博士の愛した数式」などを手がけた小泉堯史監督による新作映画「明日への遺言」の製作発表会見が、6月6日、東京・成城の東宝スタジオで行われ、原、小泉両氏以下、主演の藤田まこと、富司純子、ロバート・レッサー、フレッド・マックイーン、リチャード・ニールが出席した。

 同作は「野火」「レイテ戦記」などで知られる大岡昇平原作の小説「ながい旅」を小泉監督が15年前に脚色し、長年温めてきた企画。終戦直前の45年5月、名古屋で絨毯爆撃を行った米爆撃機B29の搭乗員捕虜38名を処刑した責任を問われたB級戦犯・岡田資(たすく)中将の軍事裁判を通した彼の誇り高い生き方を描いている。岡田中将を演じる藤田まことは「長年芸能界にいましたが、今回の岡田中将役は神様が与えてくれた最高の役。役者の仕事をこの作品で最後にしたい気持ちもある」と挨拶。原プロデューサーも「これは単なる戦争裁判の映画ではなくて、人間がどう生きたらいいのか、自分自身への問いかけも含めた映画。私は戦争を知っている最後の世代。本作はある意味では、私の最後の作品でもあるでしょうし、私たちの世代からの“遺言”でもあります」と語り、引退をほのめかした。

 また、アメリカ側のキャストで出席した検事役を演じるフレッド・マックィーンは、「大脱走」「ブリット」などで知られるスーパースター、故スティーブ・マックィーンの息子...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆芸能界関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆芸能界関連の無料のレポート情報
自分の好きな写真で作る。素敵なカレンダーの作り方。

カレンダーってただでもらえますが、気に入って使ってるものってあんまり無いですよね。

でも、自分の好きな写真(芸能人、自動車、ペット・・・)が入ったカレンダーがあったら、カレンダーを見るたびやる気もちょっとupすると思いませんか?



ブログで属性の合う濃い読者のアクセスとメルアドをガンガン集める方法

ブログのアクセス、本当に獲りたい読者のものですか?

私のアクセスの伸びるページはどれもこれもニュースや芸能ネタを使ったコラムでした。肝心のネットビジネスに関するページはさっぱりアクセスが伸びませんでした。
ふとしたことから自分のサイ…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/304-4e6f0f99



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。