気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“一発屋”じゃない! 90年代に活躍したK-POPスターたち
【送料無料】お医者さんのコルセット(3L~5L) 腰痛防止コルセット 簡単装着で動きやすい!腰...
去る5月26日に放送されたSBS<炸裂! 精神統一>には、ウン・ジウォンとトニー・アンが一緒に出演し、それぞれSechs Kies(ジェクスキス)やH.O.T.(エイチ・オー・ティー)時代のダンスを再現した。90年代後半のアイドルグループの代表走者だった彼らが一同に会し当時を振り返るシーンは、この番組の予告編として活用されるほど、視聴者の高い関心を集めた。

2日後の28日に放送されたMBCドラマ『新・賢母良妻』は、Fin.K.L(ピンクル)メンバーであるイ・ジンのサプライズ出演で話題を集めた。このドラマの視聴率は7.8%(AGBニルスン)に過ぎないが、主人公の息子が通う幼稚園の先生として登場したイ・ジンは、各メディアで記事化されネティズン(ネットユーザー)の注目を集めた。

90年代の後半を飾ったアイドルスターたちが、その時代から10年余りたった今も、韓国芸能界の話題の中心に立っている。画一化された音楽や口パクで“企画商品”という非難も浴びていた彼らは、「一発屋のはず」という推測をあっさりと裏切り、芸能界にしっかりと根付く様相を見せている。もちろん、以前と同じような爆発的な人気を維持しているわけではないが、“昔の思い出を刺激する過去のスター”ではなく“明日が期待される現在進行形のスター”として定着しているのだ。

アイドルスター出身の歌手たちは、“アイドル”というレッテルを早く取ろうというよりは、ゆっくりと慎重に、自分なりの“色”を探している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆芸能界関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆芸能界関連の無料のレポート情報
恋愛プロデューサーきりたの性的恋愛至上主義

元業界人“きりた”が芸能界で習得した人を惹きつける戦略を
恋愛に置き換え「女の子との出会いから落とし込む」までを
具体的な戦略でプロデュースしていく恋愛系ドキュメンタリー!
女の子との出会いが無限に広がります!!!






スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/279-6a2e7764



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。