気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シネマノート:「椿三十郎」で時代の定点観測/3止 /岩手
エネタン カウチクッション
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071202-00000030-mailo-l03
 森田芳光監督は小学5年のときに渋谷の映画館で「椿三十郎」を見ました。映画の見方が変わったと言います。
「映画はふつう、面白かったなで終わる。ところが『椿三十郎』は、床下から若侍が出てくる、椿の花が流れる……といった場面がすべて思い返せる。作ったひとは誰なのかと、父親に聞いた。黒澤監督だと教えられた。映画って監督さんも大事なのかって思ったんですよ」
 黒澤「椿」が森田少年を変えた。
 森田監督は「ほんとうはね、小学生にぼくの映画を見てもらいたい。いまの子どもたちに森田を意識してほしい。それがぼくの願いです」
 街中心部には映画館通りがあり、盛岡活動倶楽部など自主上映が盛んな盛岡は、映画の街です。土地の映画好きが言うのは「観客を変える映画が少なくなった」。
 20年ぶりに洋画の公開本数を超え、興行的に元気が出てきた邦画。しかし昨今の邦画は消費されるだけの文化になっている気がします。
 よく練られた脚本をもとに、経験と技量のある監督が撮った07年の「椿三十郎」。オールドファンも、最近の映画しか見たことがないひとも、これを見ないのはもったいない。
 「本当にいい刀は鞘(さや)に入っている。おい、オメエたちもおとなしく鞘に入ってろよ」
 三船が言うか、織田から聴くか。20代で見るか、40代でめぐり合うか。映画の面白さが、四十郎になってまた少し分かってきました。
 試写会でご一緒した目利きの女性(74)は62年に「椿」を見たそうです...

ニュースの続きを読む




◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
『ホラー映画「リング」で学ぶ、ビジネス恐怖の心理学 基礎編』

ホラー映画では、出会いの設定が重要なカギですが、そこには心理学でいうスレッド効果、ユニーク効果、アローザル効果などが緻密に盛り込まれており、実はビジネス系の心理学と同じことを学べるのです。

 つまり、ホラー映画を分析することは、そのま…

速報!12月20日発表Google2006検索ワードランキング

★けいいち式★速報!2006年度Google検索ワードランキング

2006年12月20日に発表されたGoogle検索ワード
ランキングの結果をどこよりも早く公開します。

2007年度の展望という観点からも
見逃せないHOTキ…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/1049-0490a4b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。