気になる今日の出来事
今日の気になる出来事をお伝えしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「踊る大捜査線」のスタッフが挑む、「レオン」風社会派ドラマ
2001 SunSurf サンサーフBLUE HAWAII
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071127-00000001-eiga-movi
 [eiga.com 映画ニュース] 実写の日本映画では歴代1位の興収記録(174億円)を持つ「踊る大捜査線 THE MOVIE 2/レインボーブリッジを封鎖せよ!」(03)の脚本家・君塚良一が、監督として佐藤浩市と14歳の志田未来(日本テレビ系ドラマ「14才の母」「女王の教室」)主演の社会派サスペンス映画「誰も守ってくれない」に挑むことになった。このほど配給する東宝から発表された。

 同作は、殺人事件を捜査する勝浦刑事(佐藤)と、被疑者の家族として言われのない社会的制裁を受ける被疑者の幼い妹の沙織(志田)の逃避行を描く。「踊る」シリーズに約10年間関わってきた君塚監督が、地道な警察取材の中で浮かんできた社会に対する疑問や矛盾をドラマ化するもので、“被疑者家族の保護”というテーマを掲げ、「現代社会の病にメスを入れる社会派映画を目指す」と意気込む。その台本は実に10回ほど書き直されたそうだ。

 君塚監督は「未成年が犯す犯罪、家族という絆の崩壊、誰彼なしに糾弾するマスコミ、暴走するネット社会。その現実をドキュメンタリータッチでリアルに描いていく」とコメント。佐藤については「我慢する男を演じられる唯一無二の宝。彼をイメージして書いた」と、志田についても「“14歳の母”から今度は“殺人犯の妹”に。鋭い感性でどう演じてくれるか楽しみ」と期待を寄せる。

 製作するフジテレビの亀山千広プロデューサーは「刑事のメインの仕事ではない部分、新聞記事にならない真実を真っ正面から描きたい」と腕を鳴らす...

ニュースの続きを読む




◆映画関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆映画関連の無料のレポート情報
訪問者に優しいSEO対策!ライブドアブログ版サブカテゴリ化計画

ライブドアブログのカテゴリをツリー式に表示して、
サブカテゴリ化する方法です。

ニュース(政治)
ニュース(スポーツ)
ニュース(芸能)



ニュース

┣政治
┣スポーツ
┗芸能

見た目も…

ママさんに大人気!!体の中からスッキリ!最新エクササイズ法とは?

このレポートでは、今ママさんの間で絶大な人気を誇るエクササイズ法について詳しく説明しています。
この方法で美しい体型を保っている芸能人や有名人が多数いらっしゃいます。

この方法は・・・
●家でテレビを見ながら気軽にできる
●女性…

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://kiitoswep.blog101.fc2.com/tb.php/1018-5d6084b8



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。